Jメール、ハッピーメール、YYC、この出会い系サイトは間違いなく安全なサービスだと言われました。
「この出会い系サイトを使って、募集を繰り返したの。そしたらエッチなしのパパを発見できたんだよ!」
満面の笑みで言ってきました。
継続契約してもらえ、週に1回のペースでを小遣いをもらって月に8万円の副収入になっているようです。
素晴らしい副業を手に入れたからか、魅力たっぷりの笑顔になっていました。
「確実にオススメだから、利用してみるといいよ。募集の時は注意も必要だけどね」
「注意って?」
「使ってはいけない言葉があってね、お小遣いとかお金とか援助って書いてしまうとアカウント停止させられちゃうの」
金銭のやりとりには、とても厳しい処置がとられるようです。
「だから、生活に不安があるOLだから優しい紳士と食事して癒されたいって感じで投稿しなきゃダメだよ」
やりとりが始まったら、すぐにLINE交換をする必要もあるようです。
「これはね、お金の条件交渉なんかを出会い系の中でできないことと、あとは早くLINE教えれば相手に対して良い印象を与えられるから」
一石二鳥だから、嫌がらずに無料通話を早く交換しろと言われました。

 

 気軽にお金を稼ぐため、出会い系サイトのアプリをスマホに入れました。
お金をもらう関係を作るため、友人と同じ方法でパパ募集をすることになりました。
簡単に相手探しができないから、時間をかけてじっくりと探すようにと忠告されました。
彼女に言われたとおり『生活に不安があるOLだから、優しい紳士と食事して癒されたい』と掲示板に書き込みもしました。
複数の出会い系サイトを一緒に使って、出会いの確率も高めていくことにしました。
女性は無料で利用ができるメリットもあり、助かるって思いました。
借金返済、そしてその後、お金をたくさん遣うためにも、食事するだけの男性は必要です。
何としてでも契約してもらって、継続して定期的な収入を得るつもりになっていました。