Jメール、ハッピーメール、YYCでパパ募集を続けました。
借金を綺麗に返済すること、さらにその後もお金を自由にたくさん遣うためにも、この副業は必要でした。
より気軽なお金儲けの方法として、パパ活は成功させなければなりません。
肉体関係を作らずデートだけでお小遣いを出してくれる男性探しを夢中になってやり続けました。
たまに割り切りと勘違いするような方もいるようです。
そういう時は丁寧にお断りをしていきました。
毎日、掲示板に投稿していきました。
三つの出会い系サイトの掲示板で、日々投稿を繰り返した結果、会ってみたいという男性からメールがやってきました!

 

 Jメールでやりとりを始めたのが48歳の会社経営している社長さんです。
メールを数回やりとりしただけで、LINE交換になりました。
お小遣い欲しい理由を聞かれて、嘘をつかずに借金をしてしまった話をしました。
「それは困った状況なんだね」
と言ってくれた男性の言葉には、軽蔑のようなものは感じませんでした。
そして「それなら一度食事に付き合ってみないか?」と提案してくれました。
ドッキドキの待ち合わせが決定しました!

 

 食事デートになりました。
継続かどうかはその段階ではわかりません。
でもパパは2万円を支払うと約束してくれていました。
友人の言っていた通り、高級な美味しい料理を食べさせてもらいました。
これだけでもびっくり、女心をくすぐられっ放しって感じです。
「定期的に時間を割くつもりはある?」と唐突に言われた時はさすがに驚きました。
「はい」
即座に返答していきました。
「そうだな、月に2回程度にはなるんだけどどうかな?食事に付き合ってくれるかい。都度払い2万円で」
継続のお話が出た時、心臓が爆発しそうでした。